スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
Chu×Chu on the move~絢爛時空の歌姫~
発売からほぼ一ヶ月、やっと攻略しました。
大学院の入試が終わり次第やろうと思っていたのでやるのが少々おそくなりました。

↓以下ネタばれを含んだ感想



ストーリーは「Chu×Chuパラダイス」と「Chu×Chuアイドる2」の間を補完するものとなっています。
主人公は健介と大吾の二人になっており、「パラダイス」の時のように並行世界の話が入ってきます。
ちなみに大吾は雪乃と恋人同士になっています。
増えたキャラは二人。
攻略キャラというか、Hシーンのあるキャラ多数です。以下キャラと声優

◎メインヒロイン(Hシーンもちろんあり)

チュチュ・アストラム⇒榊原ゆい

仲内知由⇒榊原ゆい

ルーチュ・アストラム⇒上野ちひろ

高町雪乃⇒榊原ゆい

○サブキャラ(Hシーンあり)

プリモ⇒青葉りんご

ベルゼ⇒かわしまりの

朝倉麗華⇒真宮ゆず

万里ちさと⇒本山美奈

牛山サキ⇒鷹月さくら

上杉うた⇒金松由花

ヒヨリ(かろうじて)⇒木村あやか

◇新規キャラ

ディーバ⇒西野みく

オルドガ⇒ミスターデリンジャー

こんな感じの声優陣です。
Hシーンありキャラもこんな感じ。
ひよりさんはかろうじて残っていた気がする・・・
チュチュ2でのサブはほぼエロ補完されました。
しかし、やはりこの作品はゆいにゃんが多くて最高です!!
ここまで、ゆいにゃんを使ってくださるアクセントスタッフに感謝しまくりです。

楽曲に関しても新曲が5曲
・ミラクルメロディー(OP主題歌)
・Rail of dream(挿入歌:ルーチュ)
・HIKARI(挿入歌:ベルゼ)
・Love flower(挿入歌:プリモ)
・ENERGY LIGHT(ED主題歌)

私のお気に入りはENERGY LIGHTですね。歌詞が物語と互換性を持っており、ゲームをクリアした後聞くと、歌詞の意味が良くわかるものになっています。
このほかに、チューア&チューノスーパーアイドるメドレーもありました。

シナリオに関しては、一つのメインの物語を軸として、平行世界の物語が入ってくるようになっておりサブキャラのHシーンに関しても、無理なく入れられています。
ディーバが歌を奪うことや過去に行く理由に関してもしっかりと書かれていて、最後には・・・
てか、ディーバの呪いをといたのってプリモだよね?と個人的に思っております。
オルドガも最初悪役かと思っていましたが、結構いいやつでロリコンで、大吾の・・・でした。
ルーチュの呪いについてはチュチュ2で触れられなかった部分について、説明がなされており、雪乃とルーチュの出会いのシーンなどもあり、全体的に完成度の高い物となっています。

チュチュ2はHシーンの数が少なめでしたが、今作は25個。殆ど、チュチュ、知由、ルーチュ、雪乃の物ですけど。
3Pなんかも当たり前にありますよ。
エロさは最高でした!!

CGもエロいし、しかも今回動くし!動くし!
ぬるぬると動きましたよ!ぷるんぷるんっておっぱいが!
緒澤あきふみさんのエロい絵が動きましたよ!!
彩色に関しても文句なしの出来でした。

この作品の点数
シナリオ 20点
キャラ  20点
CG   20点
音楽   20点
Hシーン 19点

合計   99点

Hシーンにディーバがあれば、ディーバがあれば・・・ディーバがなかったので-1です。
それ以外は最高でした。
以前ファンディスクだして欲しいと思っていた作品でしたので、大変満足しました。
次回作も期待したいです。
スポンサーサイト
[2011/10/18 22:25 ] | レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)
ましろ色シンフォニー *mutsu-no-hana攻略
先月発売された、ましろ色シンフォニーのPSP移植版、ましろ色シンフォニー*mutsu-no-hanaをやっと攻略しました。
PC版で攻略できなかった紗凪がヒロインに昇格し、新キャラとして結月が増え攻略キャラは6人。
PC版は以前のブログで書いたように、自分の中では評価が高かったので、PSP版に少し不安もありましたが、そんな不安を一気に払拭してくれる出来になってました。

声優もPC版から全キャラそのままなのもよかったです。
たまに移植する際に声優を変えるゲームがあったりしますが、個人的に声優は変えて欲しくないので・・・

共通ルートは新たに結月が増えたので、違和感とかあるかなーと思っていましたが、上手く溶け込んでました。
各キャラの個別ルートですが、PC版からのヒロインはHシーンがあったところに、新たなシナリオが加えられているだけで、ほぼ変更なしです。
新ヒロインの紗凪と結月のルートについてですが、両ルートとも他のヒロインと遜色ないものとなっていました。

・・・嘘です、紗凪ルートは他のヒロインよりすばらしい出来でした。
シナリオの量も1.5倍くらい多かったと思います。

まあ、そんなことより紗凪ルートでなにより大切なのが、可愛すぎる紗凪、これに尽きると思います。
他のルートあれだけ主人公を悪し様に言っていた紗凪が、まさかあそこまで可愛くなるとは・・・
本当に反則級の可愛さです。
付き合う前から、お姫様抱っこやらお腹撫で撫でやら、学校で一晩明かすやらみう先輩に嫉妬するなど、おるごぅるさんすばらしかった!

そしていざ付き合いはじめたら今度は恥ずかしくて、紗凪は新吾の側によることも出来なくなるとか可愛すぎでしょう!?
なのに一度キスとかしちゃうと、新吾無しには生きれなくなるとやばいですよ!
「ほっぺだけじゃやぁ・・・ちゅうするの~」
なんですか、この紗凪の台詞は!!!
おるごぅるさんはプレイヤーを殺しにかかってますよ?
もう、紗凪みたいな彼女が欲しいです。
っと、少々理性が飛びかけた・・・
シナリオも家族愛や命の大切さというところに重点をおいており、すばらしいものになっていましたし、こういう作品を魂というのでしょうね。

結月についてですが、彼女はクールキャラで男前です。
女の子に大人気な彼女ですが、いざ付き合い始めると女の子のように可愛くなります。
紗凪はツンデレでしたが、結月はクーデレですね。
シナリオも自分がどうありたいのか考えさせるようなものになっており、いろいろと考えさせられました。
おばあちゃんもいいキャラでしたね。
ましろ色シンフォニーはどのルートも家族が出てきたり、出てこないしても、家族がヒロインに強い影響を与えていたりするものでした。

最後に紗凪好きな人はぜひやる事をオススメします!!
PSP持ってない人は、ぱれっとが逆移植してくれる事を祈りましょう!
紗凪かわいいよ~~~
[2011/07/16 20:24 ] | レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)
Chu×Chuアイドる2melodies×memories
チュチュ2、攻略完了です~
いやー楽しかった~

↓以下ネタばれ含んだ感想




ストーリーは前作「Chu×Chuアイドる」から数年後のお話で、大人気アイドル「チュチュ」が謎の失踪を遂げてしまいます。
そんななか、「チュチュ」の名を引きついだ「チューノ・チュラム」が芸能界デビューを果たします。
そんな「チューノ・チュラム」にも「チュチュ」同様、秘密があった。それは「チューノ」は女子高生「雪乃」とハーフバンパイア「ルーチュ」がキスして合体するアイドルであるということだ。
そんな二人のキスシーンを見てしまった主人公「大吾」はとあるきっかけから、これまた前作同様にスレイブになってしまった。
そのおかげで、「大吾」の生活は普通の学園生活から、アイドルのマネージャー兼吸血鬼のスレイブという非日常の生活へと早変わり。
魔族の失踪する事件が多発する中、「大吾」はもとの生活にもどれるのであろうか?

このゲームの攻略キャラは前作より少なく3人。
ただ、前作のキャラや個性的な新キャラがいるので、キャラ自体は多い。
声優は相変わらず豪華。
以下は何人か抜粋。

◎メインヒロイン

 ルーチュ・アストラム⇒上野ちひろ=南條愛乃

 高町雪乃⇒榊原ゆい

 プリモ・アンベシル⇒青葉りんご

○サブキャラ

 チュチュ・アストラム⇒榊原ゆい

 仲内知由⇒榊原ゆい

 ベルゼ⇒かわしまりの

 朝倉麗華⇒真宮ゆず

 万里ちさと⇒本山美奈

こんな感じの声優陣となっております。
前作に比べ、歌える声優を揃えてきました。
ゆいにゃんはもちろんのこと、レールガンのOPで人気を博したFripSideの南條愛乃に、最近歌を良く見かける青葉りんご、そしてかわしまりのととても頑張っております。
その4人には一人最低1曲は歌があります。
個人的にお気に入りの曲はルーチュの「Pulse of love」とルーチュと雪乃が二人で歌う「DIAMOND RING」の2曲ですね。かっこいい曲にしあがっております。ぜひ聞いて見てください。

CGも綺麗に塗られており、満足です。
ただ、織澤あきふみさんの絵が少し変わっていたので、気になる人は気になるかも・・・

Hシーンはストーリでは一人3個の計9個+攻略するとおまけで増える8個で合わせると17個です。
アクセントにしてはちょっと少なめかな~って気がしなくもありません。
しかし、Hシーンにチュチュと知由、健介の組み合わせがちゃんとあってよかった~

この作品に点数をつけるとしたら、各項目20点満点で
シナリオ 20点
キャラ  20点
CG   18点
音楽   20点
Hシーン 17点

合計   95点

てな具合になります。
シナリオは以前もブログに書きましたが、アクセントとは思えないくらい良く出来ていました。
キャラは主人公も含め、嫌なキャラがいなく、逆にどうしてこのキャラがクリアできないの?といった感じです。
いやー期待以上の仕上がりで大満足ですよ。
ファンディスクを絶対だして欲しいですね!!
[2010/11/11 02:10 ] | レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)
Chu×Chuアイドる2攻略中~雪乃編~
いよいよこのゲームの大本命、雪乃を攻略したよ~
雪乃かわいいよ、雪乃!!

雪乃の声優はもちろんあの方、ゆいにゃんこと榊原ゆいさんです。
いやーまいったまいった
チュチュ、知由、雪乃が一緒に出てくるところはもうここは天国かーってな感じでしたね!!

シナリオに関しても、期待通り!
中だるみすることなく、最後までドキドキわくわくプレイできました~
いやー本当にアクセント頑張りましたね。
シナリオはこれまでのアクセントのゲームの中でもトップの出来でした。

歌も雪乃が二人で歌うバラード系の歌と、ルーチュと雪乃の二人で歌う曲の2曲に、ED曲と3曲があってよかったです。
特にルーチュと雪乃二人で歌った「DIAMOND RING」はこのゲームの中で一番良かったと思います。
CDをつい買ってしまうくらい良かったです。

全体の感想は2周目が終わってから詳しく書きます。
軽いネタばれなんかもその時に・・・
[2010/11/03 19:25 ] | レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)
Chu×Chuアイドる2攻略中~プリモ編~
前回に引き続き、今回はチュチュそっくりな女の子、プリモを攻略しました。
ちなみにプリモの声優は青葉りんごさんです。
青葉さんはツンデレキャラのイメージが強かったのですが、元気な女の子のキャラも良かったです。

プリモのシナリオについてですが、ルーチュのシナリオよりしかっりと構成が練られており、とても読みやすかったです。
共通ルートでの伏線なども回収され、消化不良ということはありませんでした。
はっきり言って、アクセントがここまでシナリオのクオリティーをあげてくるとは予想外でした。
あと、プリモルートはチュチュが結構活躍していたので、個人的にとても嬉しかったです。

ただ、プリモの歌がEDの1曲だけだったのが残念でした。
できれば挿入歌としてもう1曲欲しかったですね。

さてさて、あとは大本命、雪乃を残すのみです。
プリモルートがよかったので凄い楽しみ~
[2010/11/02 12:08 ] | レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。